「サービス=無料」って勘違いしている人wwwwwww

大人でも最近は「サービス=無料」って勘違いしてる人が多い気がする。

「サービス=もてなし」だから必ずしも無料とはイコールではない。

喫茶店の1杯500円コーヒーには「落ち着ける空間」「寛げるソファ」「心地よい空調」「小洒落たアンティーク」「店員の恭しい対応」も含まれている。

コーヒーの原価以外もお金がかかってる事を消費者は忘れてはいけませんよね_(˃̣̣̥ω˂̣̣̥」 ∠)_
さっき友達に聞いたらサービス=無料って言ってました
ggればいいと思うよ(´・∀・`)って言ってあげてください
大学時代に行ってた純喫茶は、お茶とお菓子が付いて一杯800円くらいしたけれど、最高に静かで雰囲気が良くて、高いだけの価値があった喫茶店でしたが、私以外の他のお客さんが老紳士と老夫婦と若くても50代の身なりの良い人しか居なかったので、場違い感はありましたw
サービスの対価=チップ、というものも世界にはある。

簡単にいうと、「お店でモノを手に入れてないのにかかったお金」がサービスの料金だぞ!

バーなんかだと「チャージ料(席代)」がかかることもあるけどもね

サービスが無料だと思っている人は大人ではありません(・ω・)

英語の”service”と和製英語の”サービス”が混ざってるんちゃうかなー。

英語のserviceってのは、ただ何かを提供する事。

対して和製英語のサービスは”無料で”何かを提供する事。

和製英語だと”free”の意味合いがなぜか追加されてるイメージ。

「サービス料」というものの存在を忘れた人が多いという現実
静かなジャズ喫茶店を目指した喫茶店が、姦しいおばちゃんの溜まり場と化し、半年後に閉めてしまったいう話が近所にあるので、利用者がどう使おう勝手ってもんじゃないと思うわけです。
サービス業やってた時はよくオッサンに何でこんなにビールが高いんだ!って良く言われたから、仕入れ値、サービス料、人件費、設備費、家賃、儲け等諸々絡み合ってこういう料金設定になってるんだけど知らねえの?って言ったらブチ切れられたの思い出した笑
それを考えるとワンダーパーラーとか執事の館とか本当にお得…
お店がちゃんとサービスしてるなら、その『サービスを受ける価値がある人間』でもありたいよね。
とか思ったりします・:*:・(*´∀`*)・:*:
欧米諸国ではサービス料はチップとして明確化されていますけど、日本では料金にサービス料が既に含まれていて、それが外側から見えないから「サービス=無料」と勘違いしてしまうんですよね…
店員「サービスしときますよ」
大阪人「無料っちゅう事か!?大阪ではサービス言うたら無料って事やからな!」
という場面なら見た事があります^_^
これは皆理解してるもんだと思ってたけどなぁ。コーヒーは時間と空間を楽しむものだと。

関連記事一覧
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

「サービス=無料」って勘違いしている人wwwwwww
この記事をお届けした
経済ちゃんを、
いいねで応援よろしくお願いします!
オススメ記事

スポンサーリンク

『「サービス=無料」って勘違いしている人wwwwwww』へのコメント

  1. 名前:名無しちゃん@経済 投稿日:2017/01/22(日) 19:02:25 ID:c4fb39688 返信

    誰でも知ってる
    何を今更
    さすがちえおくれとぃってr

トップへ戻る