日本の消費者、世界一品質にうるさい問題 外資系「客がとにかくワガママ」

外資系ベンダーにとって日本市場は、実は中国市場並みか、それ以上にハイリスク。客がとにかくワガママで、ちょっとしたトラブルでも詳細な障害報告を求められたりするから、とてもじゃないが最新技術は日本市場に投入できない。実際、外資系ベンダーが日本で売らないもの多数。日本はプチIT鎖国。
必ずroute cause analysisと再発防止策を求められるのは個別SI文化だからですかねえ?
まあバグがないことに越したことはないけど、パッケージ製品に”二度とバグを出さない再発防止策を提出しろ!”とか言われても、、、
すごくよくわかる。ヒューマンエラーを認めない思想がベースにありますね。
些細な障害に詳細な説明を求めるのは、何もできないオーバーヘッダーズのための仕事を作っているという側面もあると思う。
高い給料で現場の邪魔するとか殿様すぎw
そもそも導入時点で、やたらカスタマイズしたがりらしいですよね、日本勢。 >客がとにかくワガママで
汚客がわがまますぎ
汚客から給料をもらってるとかいう以前に汚客に汚客でも買える価格で提供してやってんのはこっちなんだよ
立場は対等
勘違いするな汚客豚
某当局、某中銀が、route cause analysisと対応策を要求し、しかも納得しないと許してくれない。海外当局にトラブルで最初に謝りに行った時、余りにもフレンドリーで、拍子抜けしました。
ささいなミスで膨大で詳細な事後報告と再発防止策の提示、かつお詫びと補償とかさ…歪みっぷりハンパ無い。
あーそういや新製品だと言いながら…実はバグが20個以上残ったまま発売した某社の携帯音楽プレーヤーあったわw
ファーム含め海外に作らせたのだが、営業が明日出す明日出すとうるせーから次回のファーム更新で改善すりゃ…と思ったら半日せずにサポートへ苦情の電話がwww
全てがそうでないと思いたいけれど、分かる気はする
ATMがちょっと障害になってもニュースネタになる国なので。
まったく、これ。SI側としたら両挟みにあって厳しいけど…。
外資系ITベンダーの「日本企業にソフトは売らない」はある意味、極めて正しい選択。日本企業が泣こうが喚こうがモンスター化しようが、売らなければ客じゃないから、知ったことではない。日本のSIerも、酷い企業には人月商売しなきゃよいのだが…まあムリか。
弊社も導入するのは一苦労です。しかもカスタマイズ多いです。すみません。
そのおかげでオーパーツの組み合わせみたいなサービスになってます。笑えない
「世界で一番目が肥えている」とか言えば聞こえはいいけど、見方によっては「世界で一番過剰品質・過剰サービスを求めるワガママな客の集団」とも言えるわけで
ほんこれ。
日本は世界一の消費者のおかげか、過剰品質だね…
HDDとかメモリの故障ですら、原因のレポートを求められたことも…
あるあるって感じです。投入してる時間のうち、生産にあててる時間を数えるといいと思います。その大量の報告にシステム本体の倍の金額がかかってますって言えば、まともな経営者なら金を出さないでしょう。たぶん…
逆に日本の品質基準に合わせることで世界に安心して製品を出している外資ベンダーもいるけどね。
この問題は実に深刻で、このせいでシステム構築コストは跳ね上がり、優秀なプログラマは業務系を避け、結果はご覧の通りなわけです。
このかたはIT業界のみのことを仰っておられるが、実は製造業も同様。
私が米国人や中国人だったら、絶対日本市場なんか進出しない。顧客要求が細かいばかりでケチだから。
その様は日本の片田舎へ新規出店する感覚に似ていると思う。
日本はなんでも「完璧」が好きだからなあ。物品だってある程度の不良を許容して交換対応した方が、完璧に不良が出ない努力をするよりも安いのに。
あるある。去年死にそうになったわw。日本の場合、研究所とかが関わってて一緒に基礎検証してくれるとまだましなんだけど、糞スローな時間軸なので検証終わった時には次の技術が出てたりする。
これは本当にそう。外資系ベンダーの日本支社のスタッフは客と本社の板挟みで本当に大変

ちょっとのバグでいきなし最低評価つけられるからゲームも日本市場後回しでローンチは海外から、に似てるな。つかゲームも広義のITか。

ちょっとしたトラブルでも詳細な障害報告を求められる

本当に多いんだよなぁ

そうそう、しかも家電を扱えない非ファミコン世代のおじいちゃん並にソフト音痴だもんでバカが死ねよといいたくなる。知った被ってとんでもない要求を簡単だろ?と押し付けてくる
実際に外資にいたのでわかる
ポケモンGOが日本と関わりの深いソフトにもかかわらず、他国で先行実装され、一定の評価がされてから導入されたのなんて典型的な事案だよナ。ドローンの件も考え合わせるととってもナットク。
日本のワガママな客は、交渉しても生産的な落としどころになかなか着地しないんですよね。アリバイ作りのためだけの中身のない報告書とか、ひどい場合だとアリバイ作りのためだけの中身のないアップデートをリリースとか(ω・`)

日本のユーザ企業とかがいろいろアレなのは間違いないけど、どちらかというとそれはさらに先のエンドユーザがワガママでちょっと何かあると大騒ぎするということに起因している気がする。

関連記事一覧
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

日本の消費者、世界一品質にうるさい問題 外資系「客がとにかくワガママ」
この記事をお届けした
経済ちゃんを、
いいねで応援よろしくお願いします!
スポンサーリンク

『日本の消費者、世界一品質にうるさい問題 外資系「客がとにかくワガママ」』へのコメント

  1. 名前:名無しちゃん@経済 投稿日:2017/01/27(金) 15:31:06 ID:6d8d5cad2 返信

    でも君たち、言い訳に「世界でコンマ何%の確立です」みたいに言ってくるよね。
    年に何度も「世界でコンマ何%の確立」言われてれば報告書位、求めるわ。
    宝くじには当たらないというのに、なんで障害の可能性はこんなに……

  2. 名前:名無しちゃん@経済 投稿日:2017/02/18(土) 11:36:55 ID:a07163652 返信

    報告書を作るための人員か省力化のため報告書のビルドツールが必要だな

  3. 名前:こう 投稿日:2017/04/07(金) 10:38:28 ID:6f91b3749 返信

    あくまでビジネス的な側面からしか意見していないわな

    自分がユーザーなら笑ってゆるせるのか

  4. 名前:影響 投稿日:2017/04/27(木) 06:15:54 ID:d79e16cb0 返信

    どっちも経験しないと冷静な意見はできないね。
    豚みたいに与えられたもん消費するだけじゃ文句もでかくなるよ。自分じゃなにも産まないからなにもわからない。言いたい放題。
    ビジネスマンは自分が客だったら?を考えてるか?

トップへ戻る