日本社会に必要なのは『不便や負担を受け入れる』寛容さ?

どれも「仕事相手が自分と同じように生活があり諸々の権利を持つ人間」であるという想像力があれば解決しそうですね。
これは、よくある間違いだと思います。
例えば、コンビニフランチャイズの諸問題は、規制が緩いために発生しています。コンビニは実質、名ばかり経営者の労働問題であり、規制が強まれば、本部は方針を変えざるを得ません。
規制と取り締まりにより現状が変われば、消費者は受け入れるでしょう。
企業側の調整でどれもどうにかなりそうですがね むしろ問題なのはすべての人間が同じ生活リズムで生きなければならないという思い込みでは
スポンサーリンク
ピックアップ

スポンサーリンク

銀行が、2~3時に閉まるのを受け入れているのだから、
可能なはず、、、ですよね
言わんとしていることはわかるけど消費者に自制を求めることはナンセンスかも。
企業に対する労働規制以外無理だと思う。
企業は消費者に奉仕する事が存在価値なのです。
ざっくり言うと世の中そのものが変わらなきゃいけないという話ですね
その部分がかえって外国企業から賞賛されていると聞いて、生きるとは?という哲学的思考へ入りました🐼
この例えを見るたびに思うんですが、コンビニの24時間営業だって、2人で12時間ずつ担当するからダメなのであって、3人で8時間ずつやれば良いということではないのでしょうか・・?
人は余っているのに、なぜ人を増やすという方向ではなく「不便を受け入れる」という方向へ?
こんにちは
コンビニは他の店舗が開いていない時間に営業すべき
夜の8時から朝の10時までとか
「開いててよかった」だからコンビニエンス
他人に完璧を押し付けるばかりの日本人
完璧主義者の国
それができるように、労働法制をいい方に変えていかないとね。労働者や雇用主の意識を変えるだけでは不可能。
長時間労働と低賃金て、経営者管理者もさることながら
顧客が原因の面も大きいなぁと思いますわ。
まさにその通りで自分も同じ事思ってる
何故かここに気付けない人が多い
以前どっかのリプにコメしたことあるんだけど「地震起きたんだから早く帰らせろ!帰れなくなったらどうするんだ!!」みたいなのがバズってて「駅員も働いてるんだけど帰っていいの?」って当然1いいねもつかない世の中だから
消費者が不満や怒りをぶつけて、それに働く側が振り回され、心身ボロボロになっていく……今の日本はみんなが互いにいがみ合って、辛い状況に陥っているように感じます。
仰る通り、消費者がわがままを言わないことが特に重要だと思います。
サービス向上は間違っていないが、一律料金にしたのがすべての間違い。供給過剰になれば消費者はサービスの概念を忘れ、労働者だけにしわ寄せがいく。労働者不足になれば総値上げのツケが消費者に回ってくる。
上2つは「当たり前は有り難い」という認識を持つことで、最後の一つは政策で対応していく必要があるかなと思う。
コンビニと牛丼とマクドとファミレスは24時間開いててほしい
極端な話、法改正をしたりしないでも、政治を頼らなくても、企業や労働者、消費者等々市民の意識次第である程度は改革できるのよね…
前半は貧しく不便な暮らしの薦めだなぁ。
これらも労働基準法を徹底・厳罰化すればいいだけだと思う。
且つ、残業無しでも十分に「文化的な」生活がおくれるだけの収入かなと思う。
結局は金と時間の余裕がないってことだ
そう、お客さんもブラックな要求してるって最近思う。
震災の後、電力が無くて昼の駅舎は消灯し、インクの供給が止まりペットボトルは簡易印刷になった。
それで不便もなかったから、「これで日本も無駄な高品質体質はなくなる」と思ったら、復旧したとたんに元通りになった。
今の仕組みを「当たり前」と思う消費者が日本の過労と貧困の原因だと思う。
この国を作ってきた人達って便利になればなった分だけ時間を切り詰めて、手間は惜しまないしコストにも含めませんって精神だもんなー。
ほんとありがたいことですわー()

スポンサーリンク
日本社会に必要なのは『不便や負担を受け入れる』寛容さ?
この記事をお届けした
経済ちゃんを、
いいねで応援よろしくお願いします!

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ピックアップ
スポンサーリンク
トップへ戻る