エナジードリンク ・・・ 日本「残業で飲むで・・・」海外「パリピー♪これ飲んで上げてくで♪」

青森のねぶた見たら考えが変わる。
日本では楽しいは悪徳だから仕方ないね
そもそも、あらゆる商品において「オシャレ」とか「文化」って視点が失われてるのがこの国かと。
スポンサーリンク
ピックアップ

スポンサーリンク

亡くなった祖父はアウトドアが好きで海外製の道具をよく買っていたんですが「遊びの道具だと日本製はロクなのが無い」と文句を垂れていましたね。日常に余裕がない国民性が表れているのかも(´・ω・)
24時間戦えますか?の歌詞はバブル期に作られたものなので、仕事に追われているというよりは、赤プリや銀座で夜遊びしてても余裕だよな?って意味だと思っていました。だから昔は別段楽しめていない訳ではないかと。無論今は違いますが。
うわー確かにライジン飲むのは仕事のためだわー(-_-;)
日本人らしいけど、せっかくなら楽しまなきゃ損だよな
た、確かに
追い込む時に飲むってイメージが定着しているわ

なんか日本、特に地方には

楽しんでる人がいる
→あいつ楽しそうなのな私は楽しくない。あいつずるい
→楽しんでる奴はズルしてるに違いない
→楽しんでる奴はズルしてる最低の奴だ
→楽しんでる人は叩かれるので苦しんでるフリをしなくてはならない

みたいな誰も幸せにならない文化が根強くある

この意見凄くよくわかる。
のに違和感。楽しいときや勢いに乗っているときってのは頼る必要がないから、だろうか。
ふと我に返った瞬間や、一息入れた瞬間にどっと襲ってくる倦怠感に対抗するためってことなのだろうか。
商品のキャッチコピーの設定はどうやったら売れるかを考えてするから、日本の現状の良し悪しはともかく、こういうキャッチコピーを作ったのは責められないのでは
基本、私の周りでエナジードリンク飲む人、買ってくる前に私に言う一言のほとんどが「眠いから魔剤飲む」だからな
ゲームや休みを堪能するために飲んでるからポジティブじゃね?
確かにベトナムのパーティーでエナジードリンク出てきたけどそういうことだったのか…
全然考えてなかった、目からウロコ
アメリカでは日本のエナジードリンクポジションはスマートドラッグなんで、エナジードリンクみたいな子供だましはマーケットに食い込めないのです。

スポンサーリンク
エナジードリンク ・・・ 日本「残業で飲むで・・・」海外「パリピー♪これ飲んで上げてくで♪」
この記事をお届けした
経済ちゃんを、
いいねで応援よろしくお願いします!

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ピックアップ
スポンサーリンク
トップへ戻る