RIZAP、食品ビジネスに本格着手

1: 名無しさん 2017/03/12(日) 18:32:40.01 ID:CAP_USER

■成果の強調、アピール転換

RIZAPグループは、シニア市場を深耕する。中核事業であるプライベートジムを手がけるRIZAP(東京都新宿区、瀬戸健社長)は、シニア層に照準を合わせた広告を充実するほか、シニア向けの機能性表示食品を展開する。今後も増加が見込まれ、若い世代と比べて出費を惜しまない傾向のシニアを取り込むことで、成長につなげる。

RIZAPグループは、体を引き締めるといった成果のみをアピールする広告戦略を見直す。
ジムでのトレーニングや食事サポートなどを、チラシや長時間のテレビ広告で紹介し、安心感を高める。31日に子会社化する予定の、ぱど(東京都品川区)が発行するシニア向けフリーペーパーも活用する。

RIZAPのジムを利用する若い世代の顧客は、会社帰りの夜間に予約を入れることが多い。
このため、平日昼は稼働率が低い点が課題になっていた。シニアの顧客を増やすことで平日昼の稼働を増やし、人件費や設備費などの効率改善を目指す。

シニアからの問い合わせは増えている。新規入会者に占める50代以上の割合は、2016年1月の14%から、17年2月は22%に増えた。シニアの客単価は20―30代と比べ、1・3倍と高い。このため、シニア向けに目のピント調節機能などをサポートする機能性表示食品を3月以降、発売する。

また、ジムで提供しているシニア向けプログラムのノウハウを、地方自治体向けにも展開する。
運動や食事管理などにより健康関連の数値を改善する受託事業を、静岡県牧之原市で3月1日に始めた。

手軽に試せる商品を出す(ファミリーマートと共同開発した健康志向のカップラーメン)

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00010001-nkogyo-ind

スポンサーリンク

オススメ!

そういや松村邦洋のライザップ挑戦はどうなんたんやろうな。全く音沙汰ないやん。
お金も時間もある世代だもんね。
まだまだRIZAP伸びていきそう。
意志の問題だ。と思う。てかインスタント食品行っちゃうのはちょっとなぁ。努力の方向が…
機能性食品って、そんなに効果あるんかいな。
若い人はフィットネス行くカネもありません。
まぁ老害どもに金使わせないとな それくらいしかやつらにできることないから
米と言う、炭水化物を、カットする手法で痩せると言っても賛同できない!!
照準を中高年に変えてもライザップ程度の戦略じゃ今の中高年の財布は簡単には緩まないよ。不況をさんざん経験してる故に慎重だからね。
結局は どんだけサポートしても 本人のやる気の問題だから 松村みたいなのは銭の無駄遣いになる
「ぱど」買収されてたのか( ^ω^)・・・
シニア・・・ねぇ。ほんとに増えてるのかね??
文句言うつもりはないけど、ビジネス誌やらでやたら提灯記事があがり始めると下り坂感あるな…
ライザップ監修のフードなんて売ってるんやー。
辛味噌ラーメンいいなぁ。
ライザップ、ラーメン、ライザップコーヒー売っているが、ライザップで食事これ食べました。って言ったら怒られるんだろうな。糖質入ってるやん。なんだ詐欺商品。
ライザップのラーメンで意識高める。。

  •  仮想通貨のまとめ!仮想通貨を今から始めたい方にオススメの取引所を紹介!!
スポンサーリンク
RIZAP、食品ビジネスに本格着手
この記事をお届けした
経済ちゃんを、
いいねで応援よろしくお願いします!

フォローする

関連記事一覧

スポンサーリンク
トップへ戻る