ベルリンの壁崩壊時にコーラを無料で配ったコカ・コーラ社wwww

スポンサーリンク
オススメ記事

オススメ!


あさま山荘事件の日清カップラーメンと一緒ですね!

阪神大震災の時、モトローラが携帯電話を神戸で配ってました(当時東灘区在住の方より聞いたお話)。
同じ手口ですねw

壁崩壊で思い出したもの…壊されつつある壁の上に男性が腰かけて日清のカップヌードルをすするCM。当初はよもや合成だとは思わず、「よくこんな貴重な記録映像が!」と思い込んでいました。


その頃 モスクワでは ペプシが着々と地保を固めていたという

そういや昔「コカ・コーラが販売されている国同士は戦争しない」ってのが有りましたけど・・・シリアでコーラ販売してるんですが・・・

イスラエル軍がシリアの核施設を空爆したりトルコ軍ロシア軍がシリア反政府軍を攻撃するのはセーフか?


コカコーラといえば、考古学の課題に「近代考古学の「ローマ化」の検証は、コカコーラの瓶が遺跡から出てくる=アメリカナイズというくらい短絡的な部分がある」というのがありまして。何百年かしてこのコーラ瓶が大量に出土したら、ベルリン近辺が特に親米的という物証になりそうですね…

コカ・コーラは自由主義と共にあり…

カップヌードルは、浅間山荘事件で機動隊が寒い中、温かいカップ麺を食べて、それがテレビ中継されたから売れ始めた。

高木徹氏の「戦争広告代理店」に、その辺りの分野が詳しく記載されているのでお薦め。日本だとPRではなく広告代理店がその分野かな。海外みたいに外交や国際政治へダイナミクスに関わる事はないけど。

映画「グッバイ、レーニン!」でも印象的な場面

サンタさんを「赤く」したのはコカ・コーラ
という都市伝説が生まれるくらいですからねェw

コカ・コーラがソフトドリンク市場でシェア45%を達成した時、経営陣は浮かれた。しかし、当時のCEOロベルト・ゴイズエタはこう尋ねた。

「ソフトドリンク市場ではなく、飲料市場全体でみた時のシェアは?」

2%だった。

見方を少し変えると、成長のきっかけが見つかる。












関連記事一覧
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ベルリンの壁崩壊時にコーラを無料で配ったコカ・コーラ社wwww
この記事をお届けした
経済ちゃんを、
いいねで応援よろしくお願いします!
オススメ記事

スポンサーリンク
トップへ戻る