東芝の営業利益を表したグラフが明らかに不自然な件wwwwwwwww

東芝の営業利益が、まるで発振回路にでも乗せたかのように振動していて吹き出しましたwww
他の所でも東芝のグラフ見てアベの指示率と類似しているぜってTwしたけど。ようはどちらも粉飾って事だよ。
すると、遅れ要素付きの正帰還が働いていると考えて良さそうですね。増幅器としては設計ミスですね。経済を伝達関数で考えるのも面白そう。
 PC事業のみのグラフで3ヶ月単位なのだから、季節性があるのは致し方ないかと。個人消費はボーナス時期、法人は年度替わりの時期に偏るものかと。
なんといいますか、社内カンパニー制の弊害でもありますねコレは
結局、社内でのガバナンスが働かないと他に迷惑かけるという
どうも正帰還が掛かって発振しているっぽいですね…。このままでは回路が焼き切れそう…(しろめ
また、東芝の営業利益グラフのソースはこちら。最終ページに注目
toshiba.co.jp/about/ir/jp/ne…
四半期決算に合わせて数字作りに行くのはどこの上場企業も大なり小なりやってると思うけど、同業他社と比べて振れ幅が大きすぎる場合は、なんか怪しいことやってる可能性高くなるよね。
時系列解析で周期があるときの演習問題にできそう。
ここ数年だけで見たらまだ「四半期末とその他の時期で大きな変動がある」的な見方が出来るけど、2008年以前のデータと比べるともう吹くしか無い。

電源を入れた直後見体♪
今は安定しているということかな?
これは、監査法人はさすがに気づくのではと、監査法人の存在も本当に疑問に思います。
パソコンの新製品が出る度に売り上げが上がるだけやろ
家電特有の
失敗した数値解析の残差みたいじゃねーかw
これで今までばれなかったってのがなあ。
フーリエ変換すれば、決算周期が割り出せるに違いないwww

はやりPCメーカーたるもの、ドッグイヤーでクロック周波数が上がっていくものなのであろう。

関連記事一覧
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

東芝の営業利益を表したグラフが明らかに不自然な件wwwwwwwww
この記事をお届けした
経済ちゃんを、
いいねで応援よろしくお願いします!
オススメ記事

スポンサーリンク
トップへ戻る