Slider

「ブラック企業」から「ホワイト企業」に転職して気付いたこと ⇒

都市伝説とかではなく、実在するんですか∑(゚Д゚)
それが、普通であって欲しい!!
そんな会社ならやる気も成果も変わってくるでしょうね。ぜひそういう会社に就職したいものです。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ


俺もホワイト企業に就職したい。ブラック企業は嫌だ。

ブラック企業に勤めて気づいたこと

・上司、先輩が放置。質問したらパワハラ
・飲み会強制。帰るの遅くなる
・家族より仕事一筋。休日が少ない
・社員が暗い
・残業は当たり前。残業時間隠蔽
・みんな非常識
・自分の将来真暗
・仕事とは何なのかと疑問を抱く
・毎朝憂鬱な気分
・希死念慮に苛まれる

給料多少安くていいから、ホワイト企業に就職したい…
疲労した状態で、無理に仕事を続けても、ミスがミスを呼び、さらに工数が増え、生産性が落ちることは、経験上も明らかだと思います。
私はオーストラリアの企業に勤めていましたがまさにこんな感じでした。ちなみにオーストラリアではほとんどが会社がこんな感じの超ホワイト企業です。ブラックだらけの日本は異常。

ブラックとホワイトを両方経験して両者の違いは待遇や金銭面だけではないのだと強く実感しています。

一番の違いは「日曜日の夜にまた1週間頑張ろうと思えるか」でした。

1つ目の項目が満たされれば、自然と他の項目も満たされる真相。
まあ、みんなで幸せになろうよって言う企業は少数派ですからねぇ、ニッポンは。
・サザエさんを普通の気持ちで見れるようになる
うちの会社超絶ブラック!まともな人は辞めてくので、結果ヤバイ環境になるよねー。
ブラック企業がホワイトになれない理由
それが当たり前であるべきなのよね。
明るい気持ちで起床はマジ大事
ブラックの風習と違いすぎてしばらく戸惑う
生産性向上ってこういうことだと思う!
朝が清々しくおきれるようになりたいわ
こういう風になるのは、会社の本業で利益が出ていることが大前提だろうなぁ。
わたしの職場、結構こんな感じだからわりとホワイトなのかも( ˘ω˘ )
入社してから、ずっとホワイトと呼べるような企業に勤めているけど・・・
・上司が優秀で気配り上手
・社員の目が生き生きしてる
・仕事に誇りを持てる
・毎朝明るい気持ちで目覚められる
自分の会社では、この4つは、あまり当てはまらなかったりする(‘q`)
いやまぁ、楽してきたのは確かだけど
ワイの会社、どうやらホワイトらしい😳
同じ会社に同じ種類の人間が集まるのかな

スポンサーリンク
トップへ戻る