Slider

後を絶たない児童虐待 ・・・海外ではどうやって「虐待防止」してるの?

このドイツの制度、日本でも、子どもへの虐待守るため
国会で、真剣に速効議論して欲しい
です。亡くなられた女の子の手紙、
朝の情報番組で公開してましたが
酷い仕打ちに、どんなに不安だったかと思うと胸が痛みました。
真似出来ないのかな?
その手の、「国をあげての五人組」みたいな制度に対するアレルギー反応の強い国民性なので浸透は難しいでしょうが、これくらいの荒療治はしないとダメな国民性でもありますね。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ


高齢化社会が進むこの日本で、福祉に係る費用の自然増を削減することに一所懸命なこの政府に、そのようなあって欲しい命に関わる施策でさえ望むことは現実的に難しいかと、残念無念ながら楽観的には思えない。
せめて年一回でも検診があれば虐待も防げるかもしれないだけでなく、困ってる親御さんも相談しやすくなると思うのですよね。日本は検診が少なすぎるというのは役所の方や医師も思ってることのようです。
定期健診、普通に育てていても保健師が他の子と比べて成長がどうとか、〜しろとか、ネチネチとストレスになるので、もし義務化するのであれば、内容と保健師や医師の質を見直した上でやってほしいです。次の3歳児健診がすでに憂鬱です。
警察、児相に子供保護の権限を与える必要がある。アメリカ並みに。
ちょっと調べたのですが、日本での検診は自治体が主催するようですね。ドイツではかかりつけの小児科医で自分で予約を取って受けるので、気に入った医師を探せばいいのです。なので検診するのも、保健師などではなく医師のみです。他の子とかぶることもなく、マンツーマン。
見せに行かないと捕まるっていう法律があれば児童相談所が見に行かなくても警察が直で動くという素晴らしい内容ですね。政治家に声を大きくして言わなくては。
実際に子供を育てるってどの国でもそのくらい大変だってことなんだな、と思いました。子供を育ててみたら、かわいいだけじゃなくて毎日24時間大変。私は躾として暴力に走るケースは理解できる。絶対やらないけど日々紙一重だと思って生きてる。よくいるタイプの親です。
子供が2,3才の頃、知人から胸に「I´m 24H job!」で書いてある子供Tシャツをもらったことがあるんですが、それを着せて子供を連れて歩くと「それどこで買った?」とやたらいろんな人に声をかけられた思い出があります。子育てが24時間労働なのは万国共通みたい。
本当に守ろうと思ったらいろいろな方法があるんですよね。
それをしないのは優先されていないといわれてもしょうがない。
ですよねぇ。
やはり罰則ない分、強制もないからそこまでで終わっちゃうところですね。
ただし今の日本における医師不足の問題から、その制度を十分に機能させることが出来るか不透明かな…と思ったりはしますね。
そのためには企業にも定期検診のために休みを取らせることを義務化しないとですね…
FF外から失礼しました。
それぐらいの強制力がないと守れないのかもしれない…
最近そう思う
人権ガープライバシーガー選択の自由ガーって騒ぐ阿呆が湧いて出る予感しかしない。
スレッドに連なる返信にも読み応えのある投稿が数々。
親の人権・子どもの人権を対比して考えるようになっています。親のメンツや体裁などより無力な子どもこそ守るべき、と。児相の権限強化などの法整備や、社会的な意識が変わることも必要と思います。何より弱者優先を。
これは欧米と日本との宗教的人間観の違い、つまり性悪説と性善説の違いが反映していると思われます。
日本は相変わらず、「人」に対する扱いが低い。中国やロシアみたいに莫大な人口いるワケじゃねーんだぞ。
子供は国の宝。この制度を作れば、出生率だって上がると思うのに、何が子供3人産めだよ(笑)
親を罵倒しても5歳の子を哀れんで涙しても何の解決にもならないから子供を救う制度や法律を作る様に声を上げないと。全ての都道府県で児相と警察が情報共有して一緒に動ける体制にしないと犠牲になる子供は消えない。

スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサーリンク
トップへ戻る