Slider

迷子や困ってる子どもを見かけても ”見なかったこと”にしたくなる理由

一つ追記。投書された方は女性です。
誘拐などの事件があると、テレビのコメンテーターが「みんなが声をかけ合う社会に」などとよく言いますが、現実はこの通りですね。近年は迷子になって泣いている子供を見かけても迂闊に声もかけられない。

いやー、怖いなー。これで「地域で子供を守ろう」みたいに言われても困るな。関わらないのが一番だな。

・・・というような考えが広がってしまいますよね、こういうことがあると。

仕方なくないのでは?
子供を守るのは大人の義務であって、大人=危険を植え付けることこそ危険だとしか思えませんね。一部の犯罪者から守るためにも。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ


こういった記事を見るたびに、『こんな時代に誰がした!?』と思わずには居られません。
非常にいたたまれない気持ちでいっぱいです。
私もさっきこの記事読んだとこです。なんかなんとも言えない気持ちになりました。
ある地域の子供見守りの会長に刑事責任容疑と世も末
これ、子どものとった行動としては満点なんだよなぁ…
声をかけた方にとっては切ないけれども。
これは子供が地域との交流が少ないことを表していると思います。
地域の方と交流がない=地域の方々が分からない=知らない人が多い=不審者だ
という構図かと。
しかしこれは非常にまずいです。
地域の方と不審者の違いがわからない状態なので、いざというときに判別出来ず被害にあいます。
どんなことでも一部の悪い人間のせいで良い人間が馬鹿を見る
悲しい事件があると普通に声もかけれなくなんですね悲しいです😔
こんな事があると思うと、虐待案件も声掛け出来ない。
可哀想だけど、見て見ぬ振りだわ。
悲しくないです。声をかけられた女の子の恐怖を想像してみてください。
これはどっちも悪くない。
悪いのは、「他人は危険だ」という印象を与えてしまった数々の犯罪者。
6・7才の子供に、言葉巧みに近付く変質者や異常者と善意の他人の区別の仕方を教えるのは難しい…。親としては一律「知らない人」として注意させる方が簡単だし、子供も理解しやすい。世知辛い世の中だ。
これで他人の子供に関わらない理由ができたなwww
息子を学童お迎えに行って、前後になって歩いていたら、帰宅中の児童をつけ回す不審者として通報され翌日メール回されてしまった私に比べれば大したことはない。知らない人は悪い人、という社会通念が出来上がりつつある。
冷たい世の中になったな
挨拶をするのすらダメって…
近所のコミュニティすら築けなくなってしまったのか
社会がそうさせているのかもしれませんね…
高学年になるまでに判断が付けばいいですが。
この投稿者のいい所は相手を責めずに事情を慮っている点ですね

スポンサーリンク
トップへ戻る