Slider

成人年齢引下げ ・・・「日本の教育」のありかたを変える転換期では?

それとマネー教育、消費者教育、労働基準法なども必要と思います。
本来ならそうした事のベースになる教養を身につける為の義務教育なんだろうけど、受験産業に絡め取られてしまうから方向性が違ってしまうのだと思う。
親も学校も、子供達の生きるための力を育む度量が必要。

教えるのには大賛成だが社会科でなく、今もあるのか知らんけど『道徳』とか『総合』の時間にしたほうがいいと思う。

下手に原人とかをすっ飛ばすと最終的にアメリカの一部みたいに進化論無視してアダムとイヴ採用しかねん気がする。まあこれは極論ではありますが(^。^;)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ


同意です。
それと変な道徳教育では無いしっかりとした人権教育も!(近現代史も必須かな)
ブラック企業などに支配されたり、人を蔑んで優位に立つような成人ではなく、本当の意味での「成人」への自立を育んで欲しいです。
学校が無理なら親が教えるしかないですよね
ただでさえ「日本人は自国の文化や歴史を知らない」って海外からバカにされてるのにそんなことやったらもっと大変になる
実生活で必要な部分に関しては、総合とかで補えるんじゃないか?
ホントそう思います。高卒の新人が自分のお給料明細から保険や税金や他に色々引かれてるのに激怒して経理に乗り込んでたのを、生暖かく見ていたパートのおばちゃんでした…。(; ̄∀ ̄)

税法、申請の仕方、性教育、選挙、労働、詐欺の回避、発達障害…生き抜く術を教える事に激しくなんだけど、さてどこから授業枠を取る?

パソコンや家庭科は教えられない親もいるから必要だし、自国の歴史や国語を疎かにすると侵略されかねないし。
英語は2020年には小3から必須だし。
数学ですか…?

路頭に迷う子供達が増えませんように。
全く同意です。契約に関して、またクレジットカードの特にリボ払いの意味、労働基準法、社会保険についても必須です。
そもそも、情報や知識は
自分から知りに行くものではないですか?なんでも他人に教えてもらおうとか
思ってる時点で間違いですよね?

子供を守れと言うなら
まずあなたがセミナーか何かを
してみたらいいんじゃないでしょうか?

なぜ、国任せなのでしょうか?

そうした生きていくためのスキルって親が子に教えていくことを前提としている節はあると思う。なので親が子にそういったことを教えて伝えないというのも問題だと思う
自分から学び出す良い機会と思えば。σ(´~`*)
わかる話だが, なんでわざわざ縄文時代とかを削ろうとするのか. 実際に生きていくやり方なんてファジーだし可変だ. こういう「実学」重視が大学で何を生んだかを思い出すべきだ
カジノは作る 成人年齢は下げる 議員は増やす そう言う時だけは フットワーク軽いな
正直な話、学校で習うことなんて卒業したらほぼ使わなくなることばっかなのが異常なことなんだよな…
社会に出たら役立つこと、覚えておいた方がいい事を教えた方が絶対に良いのに…
役に立つことを優先したい気持ちはわかるんだけど、基礎的な教養も重要なんだよねえ。
役に立つことだけ教える→基礎学問、基礎研究がおざなりになり産業も文化も進化しない訳で。
かと言って今の義務教育や高校教育の内容が教養豊かなのかと言われると、受験対策で形骸化してて全然ダメだし。難しい。
実際に働いている人の生の声を聞かせたいよね。特に技術系の仕事。
何が必要なのか教えてあげて欲しい。
こんなことやったらいよいよ学校は行く価値なくなるよ。
学校で教えても大半の人は「習っていない」「覚えていない」と言い出すでしょうね。
政治ももっと踏み込んで教えた方が良い。
気持ちは分かるが、「学校」というのは、そうした判断を自分自身で行えるような基礎教養を学ぶところであって、そこまでやるのは色々な意味で違うと思う(弊害もある)。ただ、税金や選挙などの「制度」については、例えば役所の人が来て教える時間があっても良いと思う。
歴史を覚える意味はあるので、その部分のみ同意できない
何も知らせずに権利?だけ持たせることは凄く怖い。こちらの方がおっしゃってるように、子供達を守れ。絶対。
私も学びたいです。いい年の大人ですが知識が古いし知らないことも多いのです。
生活教育の科目を作ればいいと思うが、日本人の気質なのか、お金とか性とか込み入ったことを教育の現場に持ち込みたがらないよね
マネーの勉強を含め、社会に必要な知識を本当に教えるべき。
一方、歴史も現在と繋がっているし、重要だから教える必要がある。問題は古代・中世に時間をかけ過ぎて、近現代史が超特急になっている現状。重要なのは近現代史。

スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサーリンク
トップへ戻る