Slider

ハザードマップ、西日本豪雨の被害と完全一致する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ


ハザードマップを作った人がすごい。いろんなパラメーターでシミュレーションしたんだろうなぁ。
 先日、鬼怒川が氾濫したときも、常総市のハザードマップと浸水域がピッタリ一致していて、大変驚きました。ハザードマップは絶対確認しておくべきです。
本当にそう思います。今の居住地ももちろんですが、引っ越しなどを考える際も、見た目の利便性だけでなく、浸水や倒壊の危険性、地盤の液状化の危険性もよく検討が必要ですね
ぴったり一致してますね・・・。これはある意味事前の浸水想定が正しかったということを示す例となってしまいましたね・・・。
これは各自治体とも改めてハザードマップを周知しないと不味そうですね。
自治体は周知してたはずです。それをどう受け取るか、受け手の意識をいよいよ変えないといけません。
ネット上で誰かが「ハザードマップなんて何の参考にもならない。見なくていい」と言っていた。
じゃあ何を基準にして貴様は避難対処なりする?と思ったのだった。

あくまで参考にする。自分の地域のハザードマップが100%信用できるとは限らない。だからこそ行政と地域住民との連携が必要なんだが……

マスコミは被害状況の報道よりこの事こそ報道すべきですね。
自分の家だけじゃなくて、生活エリアを見て、どっちに逃げるのが正解か考えておかなくては!
インタビューで
ハザードマップ配られたけど、その辺に置いて見もしなかったって言ってた人がいた。後悔してるとも。
何のために自治体が配ったのか。これを機にきちんと一人一人が見直さないといけないね
だいたい梅雨前の市報とかでも毎年広報してるはずなので、一度見ると良いですよ!役場には印刷したやつもあります
土地の価値とか街の発展を考えたら、「ハザードマップ的に危ないのでここに家は建てません!」って善良な考えの人だけじゃないのが問題…というか現実みたいね。

/

家を建てる前に地の人間に災害のリスクを聞かないからこうなる

ちゃんとハザードマップ確認して、自分の家が危険域にあるって明確に理解していれば、避難指示が聞こえなくてもちょっと避難しておいた方がいいかも、と思えるかも。
実家の方は調べてあるけど、そう言えば今の自宅はまだ調べてなかったな。
…ハザードマップ通りの浸水被害…しっかり作り込まれている事がよくわかる。

…実際に起こらないと、重要性がわからないっていうのも辛い性だな(・ω・o)

国土地理院仕事してたんだよねえ…重要視しなかった人も少なくなかったのが被害拡大の要因の一つかな…
やはり川沿い低地自体に住むこと自体が…
全国的にハザードマップで指定されてる危険地帯は不動産価値が暴落するかもね
家買うときは絶対チェックしてからにしよ
みんなハザードマップなめすぎ。
必ずチェックしておくことをお勧めします!
スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサーリンク
トップへ戻る