有効求人倍率 人手不足企業の【月給】が物語るものwwwww

政府が使う数字はすべて意図的編集されているんですね…
そう、派遣の求人がダントツです。
正社員は低賃金の、介護、飲食、運送、サービスばかりです。
ピックアップ


 「失業率が下がった」って安倍さんは自慢するけど、低額所得者の間でワーキングシェアが進んだだけなんだよね。経営側は株主配当と、自分の給料にしか興味がないんだよ。現場で働く労働者を駄々草に扱うと、国の力が落ちていくよ。
では、あなたの考える解決策を明示してください。
最低賃金をどんどん引き上げ、生産性向上を狙うのもアリですが、その過程で否応なしに企業淘汰が進み、体力の弱い地方は更に疲弊しますよ。
低賃金労働者が不足しているというだけのことなんですよね。
外国人労働者の問題もその延長の話で。
「求人平均賃金」みたいな指標が出れば求人の質の目安になるのになぁ
安倍総理「外国人人材活用は即戦力の人を一定期間・原則家族帯同を認めずに能力を発揮してもらう。介護・農業等は人手不足が成長の阻害になってるので、入国在留管理庁を作り管理してく。」
※「実質賃金は上がらない」とのこと!?kotobank.jp/word/%E9%9B%87… pic.twitter.com/WYLK22H6Rz

正社員でも手取り10万台前半。
食べるのがギリギリ。
結婚は夢の世界。
高失業率と低賃金がトレードオフなのは経済学の基本であって、経済のパイが大きくなっていない中で全体の失業率だけが下がっても、賃金は却って下落するのは必然とも言えますね。
共働き、もしくは単身者前提の求人ですよね。

これ見て『給料10万円台でこき使おうって言うブラック企業がそんなにあるのか!』なんて思ったらアホだからね?

貧困国だと給料安いのは経済が低迷してるから

つまりアベノミクスの景気回復なんて大嘘で実体経済がボロボロで給料として分け与える利益が出てないって事なんだよ

見せかけの統計や、景気と言う部分もあるね。

求人が有効求人倍率で一を超えたというのは嘘じゃないようだ。けれど、実質は上記のような現実。更に外国の方が低賃金で働けるようになり、消費増税と法人減税が起きると国民は疲弊するよな。

返信 返信 リツイート リツイ お気に入り お気に

つまり、低賃金に依存しなければ存続できない、生産性の低い企業が大多数。先進国を返上して全体的に低い付加価値でやっていくか、賃金を上げることで生産性が高い方向に企業の新陳代謝を促すかの岐路に立っている。
この倍率はどういうロジックなのだろう?求職者の総数を母数にしてるのであれば、高くなるほど少なくなるのは当然のようにも見える。
本当?ハロワって基本給以外の諸手当が別立てになってたりするし、民間の求人票と随分とずれているんだけどな、しっかり数えてる?

今まで政界に近しいところにいた時はこのロジックに納得していたけど最近はこういう率を出すだけではダメやなということを改めて理解したよね

何が言いたいかっていうと私もそれくらいの給与が初任給で(ハロワ求人は基本給a+手当b(+c)の計算なので初任給を下限に含むため)欲しいものです、ということ

スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサーリンク
トップへ戻る