老地区化したインフラ改修に付きまとう闇「鉛中毒」・・・

無鉛化もそう簡単にはいかないだろうね
頑強かつ他の金属より安価で使いやすい、という理由で根強い需要があるから一朝一夕にはなくならないでしょう。

スプレーガンで塗装してて、しっかりマスク等してないと、
吸っちゃうんだよねぇ~~・・、 こわい、こわい・・ 🥶

ピックアップ


鉛中毒だって。アスベストも鉛も建設当時はその危険性はあまり知られていなかったのに。自然の木とかが唯一の建材だった頃にもどるしかないか。
インフラ整備の影響で「鉛中毒」とかあるんですね。
発見が遅れると死に至ることもあるとか怖い事です。
医師も見過ごすって、鉛中毒恐い。
医師の人、もっと勉強して!
肝がんの誤診・見落としで死んだというのには厳しいけど、鉛中毒の「診断不明」には寛容な雰囲気だね
鉛中毒に関する5月の事案を12月にやるって遅すぎないか…
鉛の危険性を正しく認知しているのか怪しく感じる。
これは高架や橋脚ということで作業場が一般から離れされ、作業員が防護服やマスクをしてるからまだマシなんだけど、公園や保育園の遊具の塗装は子供が使う横で作業したり、ビニール一枚かけただけなのでチト怖い
鉛中毒か〜その辺の医者よりよっぽど詳しいかもしれない。笑 昔使ってたから仕方ないけど、発展途上国みたいな問題が出てきたな…笑
今でも、アスベストとかこういう物質を吸いこんでしまう事案が出てくるね。
今日の朝NHKで、「鉛中毒」についててやってた。鉛って中毒になるんだね。初めて知った。
これ野生動物の鉛中毒も取り上げてくれないかなぁ。生態濃縮がある分余計に厄介なんだけどなぁ

インフラの修繕工事
鉄のサビ止めの塗料
橋脚、トンネルって言った?
平成8年、使用禁止化学物質の影響を調べている医師が鉛中毒を疑いわかった pic.twitter.com/vcHGCq2pPe

スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサーリンク
トップへ戻る