退職理由は入社理由と同じってマジ?

すごくシンプルで納得感ありますね…!たしかに入社理由と退職理由は表裏一体ですね。その会社に入る/辞める理由が同じというのもそうですが、前職の退職理由と転職先への入社理由は時間軸が同じなのでより密接に関わりそう。。
その人が仕事に何を求めているか、それがなくなったら、また転職するんでしょうね。
ピックアップ


・成長したい人は、成長曲線が緩やかになったとき
・人が理由で入った人は、特定の人が辞めたとき
・プロダクトに惚れた人は、プロダクトに未来を感じなくなったとき
裏を返せばビジョンがないと求人しちゃダメってことですね。
「忙しいから人を雇う」からダメになったんだと猛省中でございます。素晴らしい。
これはまじ
休みが欲しくて入った人が休みなかったら当たり前だけどやめる
就職はあくまでほしいものを手に入れるための手段なので、結果的に手に入ってなかったら辞める
GREEからの流出とかまさにこれなんだろうな。
ただ、企業を発展させるにはいろいろと変化しなければならない、ということもある。Visionも変わることもある(ポジティブな方向にも)
だから、やめることはしょうがないことなのだと思うようにしてる。
これは超響きますね、、、
うちの会社の場合も、待遇押ししたらすぐさま全員離脱したことがあります。結果、徹底的にVision押しのアクションに変え、それからほぼ離脱なしになってます。

これは灯台元暮らし

近しい人で転職を繰り返しがちな人がいるけど、その人は人間関係で仕事をやめることが多い

転職先を探す時に待遇や、仕事の特性を見て新しい仕事を決めているんだけど結局人間関係で失敗しやすい

組織やチームにとって欲しい人材は成長フェーズによって変化するし、Visionと条件は相互に影響し合う事もある。Visionに共感してても、一貫性がない組織は離れていく。一方で働く中で価値観や優先したいことが変わる事もあるように、グラデーションがあるよなと思う。変化や進化を前提としていきたい。
勤務の柔軟性に期待してるところはある。はてさて。

そういう人は大抵自分に軸がない人。

何故そこでやるのかが自分の外(給料や待遇面など)に置いてるとそうなりやすい。
ベクトルをちゃんと自分に向けられると尚良い。

この「人が退職する理由は人が入社する理由と同じ」というのは、多くの人に当てはまるのと思うが、当初の理由が無くなる場合だけではなくて、本人の成長により物足りなくなることも多いんじゃないかな。要するに、企業成長と社内のキャリアデザインの話になってくる訳だけど。
全くもって同意なんですが、人間にそこまでの一貫性があることにむしろ希望を感じる派です。例外はあるとしても。
スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサーリンク
トップへ戻る