プロデザイナーが新一万円札をガチ評価した結果wwwww

ピックアップ


紙幣と貨幣に必要なのはデザイン性ではなく偽造を不可にする機能性です。プロを自称して無知無能を晒して恥ずかしくないのですか?
元デザイナーです
言ってること凄くよくわかります
この人はデザインにケチつけている訳じゃない
フォントにしろレイアウトにしろそれ相応の理由があるのは多分この方も分かってます

『それでもバランス気持ち悪い』て感覚が先立つのが
形や配置に拘る事を生業としているデザイナーなんですよ
追記
デザインにケチつけてるんじゃないって言うのは
この人はあくまで純粋に新しくデザイン(設計)された紙幣の個々のパーツのレイアウト(配置/フォントの種類含め)に対してのダメ出し(バランスの悪いポイント)をしてるだけだと思うんですよ
ホログラムのところにケチ付けたり、偽造防止のところにケチ付けたり、明らかにレイアウトではなく機能部分にもダメ出ししている部分がアウトなんですよ。フォントだの配置だのは違和感ある人は多いのです。なんだこのスペースはって理由を考えられないような人はデザイナー失格
ホロ帯の位置は5千と区別のため多分動かせない。ミと中心下も同様。中心の透かしは千円との区別でずらしてる?
だいたいこういうのは、障害者が区別しやすいようにするため
思う事はいろいろあるけど、要するに数字の「10000」さえわかればあとは結構どうでもいい感がなきにしもあらず… (^_^;) 私自身は好きなフォントじゃないけど、ユニバーサルデザインと言われると反応しがたくなるし。
ユニバーサルデザインとか偽造防止とか、その辺やろの、、多分デザインしたやつもデザイナーやで優先順位が違うんだろの、仕事の
デザインのプロセスを知れば納得感が得られるのかもしれない。
この人のおかげでお札についてとても勉強になった。
多分プロのデザイナーというのは嘘で、みんながもっとお札というものに興味を持ち、その本質について議論する場を提供しようと思ったプロの仕掛け屋に違いない。
Yahoo! Japan のトップページが大幅刷新されたとき、(一部で)大不評だったんだけど、すぐにおさまったの思い出した。
デザイナーが建築した建物は、住むには不便なのと同じで、見てくれだけで判断してはいけない。
プロってすげー(´°ω°)
コメントマジレスしてる人多いけど…
そんな怒らなくてもいいじゃんこれw
デザインって観点から見てるだけだからw
偽造防止とかの話はお門違いだからぁwww
早く渋沢栄一を折り畳んで、変顔させてみたい。
自由にデザインしていいならそうかもしれないけど、お札とかだとガイドラインとか色々制約ありそうだよね。
スポンサーリンク

フォローする

ピックアップ
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサーリンク
トップへ戻る